高校留学でいろんな価値観を持った人間と出会い固定概念を捨てる

猫

高校留学で学べる事

自分の友達が高校時代にアメリカに1年間高校留学した事があるので、彼に聞いたことや感じた事をここに書こうと思います。まず、驚いたのが彼の性格についてです。留学に行く前は内気な性格だったのだが留学後、見違えるようにコミュニケーション能力が上がっていました。
やはり、アメリカでの生活でおどおどしていては自分の意見や伝えたい事がうまく伝わらないため自然と堂々とした性格になっていったといいます。高校留学というと少し冒険のような感じがして怖かったり不安と思っている人が多いと思いますが、そういった不安やドキドキ感が逆に外国での生活時に楽しみに変わるのだと彼は言っていました。実際に彼はコミュニケーション能力だけでなく、一般生活で用いられる英語やネイティブな発音を手に入れていました。
日本で英語を学ぶのと大きく違う事は、発音の大切さです。日本人同士で英語を話すと発音が多少分かりにくくても伝わるが、相手がアメリカ人になるとそう上手くはいきません。やはり、正しい発音で話さなければ伝わらないため自然と正しい発音を話すようになるのだといいます。留学して初めの1ヶ月は不安の方が多いが慣れてくると、楽しいことだらけだとも語っていました。様々な観光地や名所に行って様々なことを体験したり、いろいろな人と話すことでとても充実した生活を送ることができる。留学で学べることというのは実際に行かなければ分からないことばかりです。

TOP