高校留学でいろんな価値観を持った人間と出会い固定概念を捨てる

猫

高校留学をすべき人

みなさんは高校留学をすべき人はどういう人がすべきだと思ってますでしょうか?きっと多くの人は高校留学をすべき人はどういう人かという事を正しく理解していないと思います。
なぜなら、多くの人は高校留学自体あまり良い風に思っていないというのがあるからです。その理由は簡単で日本人の親で多いのは留学するなら大学に入ってからで十分だと思っているというのがあるからです。
では、実際に留学をする時は大学に入ってからで十分かというとそういう事はないです。なぜなら、確実に高校留学をした方が良い人がいるからです。でも、意外と多くの人はその事に気づいていないです。では、実際にどういう人が高校留学をすべきかというと、それはあまり社交的でない性格のお子さんがいる時です。
確かに留学の多な目的は語学を学ぶためであったり何か勉強をするために留学をするものです。ですが、高校留学をする意味は必ずしも勉強目的で行くものでないです。
本当にただ海外で勉強するだけが目的なら別に大学に入ってから留学すれば良いのであって高校留学をする必要はないです。では、どうしてあまり社交的でない性格の子供がいた場合は高校留学をした方が良いのかというと、それはまだ成人になるまで間があるうちに自分の狭い視野を広げるためです。
そうやって若いうちにいろんな価値観を持った人間と出会う事でつまらい事でウジウジしている自分に気づいて積極的になれます。

高校留学の最大のメリットとは

若い時期は感受性が豊かで体験した事柄から学ぶ吸収力が高いので、体験したことが人格形成に影響し、考え方や将来の夢などに影響を与えることはよくあることです。
実際今まで暮らしていた環境から離れ、初めて接する環境の中で今まで接したことのなかった考え方や生活習慣に接することは、こういう考え方があるんだとかこういう生き方があるんだと知り、こうでなければならないという決め付けから解放されて、留学しなければ分からなかったことを知り、考え方が変わって生きている世界が広がります。高校留学を受け入れている学校には、勉強だけでなくスポーツや社会貢献に力を入れている学校もあるので、そのような学校に留学した場合は社会奉仕の精神を学ぶことができます。語学においても学校で学ぶ英語ではなく、日常の生活で話されている英語を生で聴くので大変に勉強になり、ヒアリング能力もスピーチ能力も留学する前よりは上がります。
そして、親元を離れても規律正しい生活を行なうことで、自立心や社会に対する責任感などが芽生えてきます。
留学先で知り合った同級生などと留学後も繋がりを保てば、幅広い人脈を持つことができますし、その人脈が将来仕事の面でも精神的な面でも助けになることもあります。このように高校留学は単に語学力が上がるだけではなく、生き方や考え方そして交友関係に大きな影響を与えることが高校留学の最大のメリットになります。

語学の勉強だけじゃない!高校留学の魅力

高校留学をちょっとでも考える方は、絶対に行っておいたほうがいいです。
高校留学に行く人の多くは語学、特に英語のスピーキング能力やリスニング能力のために留学に行く人は多いです。バイリンガルって憧れますものね。でも留学の良さってそれだけじゃないです。
・価値観が広がる
海外の環境は日本とは大きく異なります。英語だとフィリピンに行く方もいるでしょうが、全然違いますよ、生活が。そういった環境の違いを肌で感じることは、語学ができるようになるか否かよりも、大事なことかもしれません。
・企業に強い
将来就職をするときに留学経験が活きます。
就活に強いのは当然です。留学経験があるだけで評価する企業は多いでしょう。面接に強いのも嬉しい。面接って、実際のところ似たり寄ったりな内容になるんですよね。どんなバイトをしたとか、学生時代に何をしたとか……そこで留学の話をできるのは大きなアドバンテージになります。他の子と差を付けられますよ。
会社に入ってからも強い。急に海外転勤を命じられても、対応しやすいです。海外経験がない人はここで苦労します。このように留学経験は就活においてあらゆる場面で強みを発揮してくれます。
また違いすぎる環境に飛び込むことで、自信にもつながります。高校留学は、必ず将来の財産となります。ぜひ行ってみてください。

UPDATE POST

NEW2016年11月17日
イギリスの高校留学で、一番印象に残っていることは?を追加しました。
NEW2016年11月17日
自力で行く高校留学を追加しました。
NEW2016年11月17日
高校留学で学べる事を追加しました。
NEW2016年11月17日
高校留学で得られる多くのメリットを追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP